股関節痛情報館

股関節の痛みや変形性股関節症など股関節の病気原因症状治療予防ストレッチについての情報です

股関節の柔軟性チェック

股関節が硬い(柔軟でない)と、運動時の怪我の原因になったり、下半身の血行やリンパの流れが悪くなったりします。硬い股関節をそのままに歳をとると転倒などの危険度が増して寝たきりのリスクが高まります。

股関節の柔軟性は股関節周辺の筋肉が関係しています。股関節周辺の筋肉が弱くなると、股関節の動きが悪くなります。筋肉を強化すると、股関節の動きが良くなるだけでなく、血液やリンパの流れも良くなって下半身のむくみも取れて冷え性改善になります。

股関節が硬くなっていないか姿勢チェック

股関節の可動範囲が狭いために足が十分に上がらなかったり、腰を落とすことができないために、悪い姿勢になっています。次の動作をしたとき、あなたの姿勢で股関節の柔軟性が分かります。

  • 階段を上るとき:猫背のように前かがみになって上る
  • 低い棒などをくぐるとき:背中を丸めてくぐる
  • 台をまたぐとき:体全体を傾けてまたぐ

股関節が硬くなる悪循環

股関節周囲の筋肉繊維も脳からの神経と繋がっていて、神経から信号を受け取ると収縮し、そうでないときはリラックスしています。
股関節が柔らかい人の筋肉は脳の指令を正しく受け取りますが、股関節が硬い人の筋肉は脳の指令が届きにくい状態になっています。 筋肉を使わない状態が続くと、神経がさび付いて、信号が正しく伝わらずに、力を出すこともリラックスすることもできなくなってしまいます。

股関節が硬いと、足腰の筋肉をあまり動かさない→あまり動かさない筋肉につながった神経がさび付く→脳からの指令が正しく筋肉に伝わらず、筋肉が緊張してかたくなる→股関節の可動範囲(動く範囲)が狭くなり、さらに股関節がかたくなる。股関節が硬くなる悪循環が生まれます。

 - 股関節の痛み基礎知識

PC用

PC用

  関連記事