股関節痛情報館

股関節の痛みや変形性股関節症など股関節の病気原因症状治療予防ストレッチについての情報です

変形性股関節症の原因とは

変形性股関節症で股関節が痛む原因は、加齢、肥満、性別、遺伝、仕事や運動などの蓄積された負担などで、股関節の軟骨がすり減ったり変形したり、骨の形も変わったりします。すると、股関節の隙間が狭くなって、骨と骨がこすれて股関節に痛みが現れます。

変形性股関節症による痛みの原因

老化
股関節痛の訴えは加齢に従って増えます。原因の多くが変形性股関節症と考えられ、高齢化に伴い増加傾向にあります。歳を重ねると股関節の軟骨がすり減って、骨の隙間が狭くなり、骨も変形(とげ様の骨ができる変形骨棘形成など)したりして、股関節が痛い症状が現れます。股関節を支える筋力の衰えも加わります。若い時から股関節を柔軟にして股関節の健康を維持することが必要です。

性別
股関節の痛みを生じる変形性股関節症は、何らかの股関節疾患の既往がある場合に発症することが多く、圧倒的に女性に多いのが特徴的です。先天性の脱臼が治癒しても、股関節に若干の変形が残り、変形性股関節症に進行することがあります。

肥満
股関節は体を支える大切な部分です。肥満は股関節に負荷をかけて股関節の痛みも増大させます。治療法にも体重コントールがあるほどです。肥満は股関節に負担をかけ股関節の痛みを引き起こすだけでなく、メタボリックシンドロームなどの因子ですので、肥満解消は重要です。

遺伝
変形性関節症は、関節の軟骨に変性がおこり、股関節の痛みや歩行障害を起こす病気です。骨・関節の疾患の中でも頻度の高い病気で、日本では700~1,000万人の患者がいるといわれれています。変形性関節症や臼蓋形成不全には遺伝的要素があるとされていましたが、その詳細は殆ど不明でした。ゲノム解析で、臼蓋(きゅうがい)形成不全を伴う関節症の原因遺伝子が存在する領域が発見され、変形性関節症の発症原因解明や画期的医療に繋がるとして期待されています。

 - 変形性股関節症の原因

PC用

PC用

  関連記事