股関節痛情報館

股関節の痛みや変形性股関節症など股関節の病気原因症状治療予防ストレッチについての情報です

変形性股関節症の主な症状

変形性股関節症の主な症状は、股関節の痛み、股関節の動きの制限、跛行(足を引きずる)です。これらの症状のために、重い物を持てない、長く歩けない、階段の上り下りがつらい、靴下や靴をはくのが大変、爪を切りにくいなどの日常の生活に支障が出てきます。

初期の変形性股関節症の症状は、歩き始めた時や立ち上がる時などに軽い痛みがある程度で、その痛みは動作中に次第になくなります。
変形性股関節症が進行すると、痛みの回復に時間がかかるようになり、動作中や歩行時に鋭い痛みを感じたりします。股関節の可動範囲が狭く(動きが悪く)なり、正座・あぐら、和式トイレ、靴下の着脱や足の爪切りなどが難しくなります。安静時にも股関節が痛いかったり、股関節の痛みや股関節を取り囲む筋力の低下で跛行(足を引きずる)が現れます。
変性股関節症の末期になると、股関節の痛みが歩行時だけでなく、安静時にも感じることもあります。痛みも強く歩行困難など日常生活に大きく影響だけでなく、左右の足の長さが違ってきます。関節軟骨は摩耗し殆ど全てが消失し、関節のすき間が殆どなく、骨の著しい変化が見られます。

※多くの変形性股関節症は股関節の形の異常や幼児期の脱臼が原因で、経年的に股関節の変形性変化が進行する病気です。進行すると歩行障害など日常生活に支障がでます。変形性股関節症の経年的変形性変化とは、関節のクッションの役割や滑りをよくする股関節の軟骨が傷ついてすり減り、骨の破壊または増殖により起きる状態です。

 - 変形性股関節症の症状

PC用

PC用

  関連記事