股関節痛情報館

股関節の痛みや変形性股関節症など股関節の病気原因症状治療予防ストレッチについての情報です

変形性股関節症の進行と症状

変形性股関節症は進行するにつれて徐々に症状が悪化していきます。そして、進行に伴って関節の動きが制限されて跛行が目立つようになります。痛みは人によって違います。通常足の付け根の痛みですが、太ももや膝に放散痛があることがあります。

変形性股関節症は症状によって4期に分類され、病期により治療が決まります。変形性股関節症の病期は、前股股関節症→初期股股関節症→進行期股関節症→末期股関節症と進んでいきます。

変形性股関節症の病期でみる症状

 前股股関節症

股関節の関節軟骨の厚みに明らかな減少は見られませんが、関節の隙間(関節裂隙)があります。
*前股股関節症の症状:運動や長時間の立ち仕事の後に、だるさ、痛みを感じます。足の付け根やお尻周辺に痛みを感じることが多いようです。短時間の安静で痛みはおさまります。

 初期股股関節症

股関節の軟骨がわずかに磨り減って厚みが減少し始める時期です。関節の隙間(関節裂隙)が狭くなります。骨硬化(レントゲン写真で白くみえる)も見られるようになります。
*初期股股関節症の症状:前股関節症よりも痛みなどの症状が重くなります。放置すると進行して短時間で末期股関節症に進行することもあります。この段階で股関節などの痛みを取り、軟骨を維持する治療が必要になります。

 進行期股関節症

股関節の軟骨は一部または広範囲に変性・摩耗し、関節のすき間が明らかに狭くなり、骨嚢胞(レントゲン写真では空洞にみえる)、骨棘形成(とげ様の骨ができる)が見られます。
*進行期股関節症の症状:多くは普段から股関節が鈍く重だるい痛みがあり、歩行時に鋭い痛みがあったりします。

 末期股関節症

関節軟骨は摩耗し殆ど全てが消失し、関節のすき間が殆どなく、骨の著しい変形がみられます。
*末期股関節症の症状:股関節の痛みが歩行時だけでなく、安静時にも感じることもあります。青壮年期以上には人工関節が第一選択になりますが、若年者には関節温存手術が行われることもあります。

 - 変形性股関節症の症状

PC用

PC用

  関連記事