股関節痛情報館

股関節の痛みや変形性股関節症など股関節の病気原因症状治療予防ストレッチについての情報です

股関節痛の検査と診断

整形外科では、変形性股関節症と診断するために、問診、視診、触診、画像検査などの検査が行われます。適切な診断が、股関節の痛みを和らげたり、痛みや動きの悪さなどの症状の悪化を抑えることになります。年齢・症状の程度・軟骨の状態などで将来の股関節を予測できるといわれています。できれば股関節を主に診る専門医に診断してもらうのが良いと考えられます。そして、なによりも早期発見が大切です。症状が進行する前に受診しましょう。

早期治療ができれば予後は大きく変わってきます。股関節の動きが悪く違和感を感じませんか?股関節が痛くて歩きづらくありませんか?

問診
どこが痛い・いつ頃から痛い・どんな時にどの程度痛い・痛み以外の症状は・股関節の病気の経験があるか・治療中の病気があるかなどが質問されます。

視診・触診
歩き方や脚の曲げ伸ばしの様子を観察したり、症状が出ている部分を触って、皮膚の温度・筋肉の緊張程度・関節の腫れ・関節の痛みや動き方を調べます。

画像検査
一般的に行われるのが単純エックス線検査(レントゲン)です。骨の変形や関節の異常を診断します。レントゲンでは軟骨は写りませんが、骨と骨の間の隙間から軟骨のすり減り具合を推測することができます。必要に応じてCT検査やMRI検査をすることがあります。CT検査では、変形性股関節症の重症度や大腿骨の骨頭の潰れ具合を調べます。MRI検査では、骨腫瘍の広がりの範囲を診ることができます。

股関節の機能判定基準(日本整形外科学会)
股関節のJOAスコア(股関節機能判定基準 )によって、股関節の状態を数値的に評価することができます。改善状況や治療の効果を確認する評価方法です。

 - 変形性股関節症の治療

PC用

PC用

  関連記事