股関節痛情報館

股関節の痛みや変形性股関節症など股関節の病気原因症状治療予防ストレッチについての情報です

変形性股関節症の保存療法

変性股関節症の治療法には、保存療法と手術療法があります。保存療法では、薬物療法、温熱療法、運動療法などがあります。体重をコントロールする生活指導、インソール使用で履物を調整する歩行矯正、痛みを和らげる杖の使用やサポーターなどの装具療法などもあります。まずは保存的(手術を行わず)治療が基本です。理学療法士がいる医療機関ならば、理学療法士による保存療法も治療の選択肢の一つになります。変形性股関節症の治療は保存療法が第一優先ですが、痛みが著しい場合や変形や破壊が急速に進行する場合などは外科治療(手術)が検討されます。治療方針は、最初に受診した病院・医院や医師によって左右される傾向があります。

変形性股関節症の保存療法の種類

 運動療法

股関節周辺の筋肉を強化することで、股関節にかかる負担を減らし、痛みを和らげる治療法です。

  • 大腿四頭筋などの太腿の筋肉、股関節周辺の筋力を強化します。ただし、関節に体重をかけない臥位や座位で行う必要があります。
  • 水中歩行は効果的です。
  • スポーツジムなどの器具使用は、股関節に負担が大きすぎて関節や筋肉を傷めたり、軟骨を磨耗させることがありますので注意が必要です。

 温熱療法

股関節を温めることで、関節や筋肉の痛みを和らげて、血流をよくします。温めると筋肉や関節が動かしやすくなります。

  • ホットパック・極超短波
  • 温泉や家庭での入浴

 薬物療法

消炎鎮痛剤や外用薬を使用します。

  • 消炎鎮痛剤:痛みや炎症の強いときに効果的ですが、あくまでも対症療法(徐痛)です。関節を修復する効果はありません。副作用もあるため長期服用は避ける必要があります。
  • 外用薬:消炎鎮痛剤入りのパップ剤や、軟膏があります。副作用が少なく使いやすいです。皮膚が弱い場合には使用に注意する必要があります。

 理学療法

理学療法は、運動機能に直接働きかける運動療法・物理療法・徒手療法などを用いて、関節の可動域を広げる、筋力を強化する、運動麻痺の回復、痛みを軽減したり、動作練習や歩行練習などによって運動能力の向上を目指す治療法です。理学療法は理学療法士(国家資格)でなくとも一定の条件下で行うことができます。

※手術療法として、骨盤側や大腿骨側の手術、人工股関節置換術、股関節固定術などがあります。

 - 変形性股関節症の治療

PC用

PC用

  関連記事